車輪の国 向日葵の少女

車輪の国をクリアしたので色々書きます。

 

まずあらすじ。舞台は罪を犯すと罰の代わりに義務を負わされる国で、その国で罪を犯したものはその罪に対応した義務を負うことになっています。例えば、人を殺したら子供を持てない義務を負ったり、結婚詐欺で人を騙したら恋愛をしてはいけない義務を負う、みたいな感じです。

 当然、罪人が義務を全うしているか監視する人もいるわけで、それを高等人制度と言います。主人公はその高等人候補生で、この車輪の国というゲームは彼の最後の高等人試験の話です。

 

 ヒロインは3人でさち、灯花、夏咲、璃々子の4人です

 

 まずさち√から。遊んで暮らしすぎたせいで1日を12時間にさせられてます。毎日薬で身体を半日止められてしまうんですね。止められると言っても寝てる訳では無いので12時間のうちに飯食ったり寝たりしないとダメです。だから授業中とかはいっつも寝てます。言ってなかったですけどヒロインは全員学生です。さちには数年前から一緒に暮らしている外国人の「まな」という少女がいるんですがこの子が健気でまた可愛いんですよね。舞台の街は以前色々あった街でしてこういった外国人の孤児が結構いたんですね。それを拾ったって感じです。まなはこのルートの超重要人物でラストシーンでまぁ…悲しい感じになります。さちの義務的に解消するには時間がいかに大切なものかを考えさせる事が必要なので、さちがそれに気づくまでの流れがなかなか引き込まれました。

 個人的に一番印象的だったシーンは洞窟探検のとこですね。さちが岩にはさまって動けなくなった時に急に空気変わったから「えまさかこっから濡場?」とか思いましたけど全然違いましたね。ごめんなさいね。でもその後むしろ濡場だった方が良かったかもねってなります。洞窟の奥深くで身動き取れなくなるって相当恐怖ですよね。なった事ないから分からんけど。

 

 次は灯花ルートですね。この子は親からの命令は絶対遵守の義務を負っています。灯花は母親と2人で暮らしてます。んで1日のスケジュールとかお母さんに細かく決められてます。灯花のお母さん京子って名前なんですけど(確か)、京子さんって灯花の本当のお母さんじゃないんですね。京子さんは灯花の叔母に当たる人です。前の親の虐待が酷くて、みたいな感じだったと思います。灯花がこの義務を負うことになった経緯みたいなのがあったんですけど忘れちゃいました。

 灯花ルートは当たり前ですけど親子愛が絡んでくるので好きでしたね。ラストシーンちょっと感動しました。灯花、成長したなぁ、て感じで。

 

夏咲ルート

 完全にこの記事下書きにぶち込んだまま放置しててあんま覚えてないですけどせっかく書いたし最後まで書きましょう。夏咲ルートは凄くもどかしいです。義務が恋愛してはいけない義務なんでエロゲの醍醐味である所の恋愛描写があんまないんですね。あと夏咲は小さい頃金持ちの男の子を誑かした罪で(本当は向こうが勝手に言い寄ってた)警察に長時間拘留され罵詈雑言を浴びせられ続けられた過去があり塞ぎ込みがちなのです。その時のトラウマをまだ引きづってて男の人が苦手なんですね。それでも少しずつそういうの積み重ねていって最終的にハグし合うんですけど高等官の上司、法月にバレます。実は夏美の義務バッチのところに盗聴器が仕掛けられていたからなんですね。で、夏咲だけ独房に捉えられます。確か夏咲ルートはここらへんで終わってこっから展開が変わります。

 

 璃々子ルート

 正確にはまだちゃんとルートに入ったわけじゃないんですが一応ここから。璃々子ってのは主人公の姉です。姉なんて1ミリも出てなかったと思うんですけどここが1番このゲームでほぉ〜ってなるところです。捕らえられた夏咲を助けるために健一、さち、灯花、夏美、それと過去の健一を知る磯野の四人で法月をはっ倒して独房の鍵をかっさらおうっていう作戦に出ます。でも法月のことを甘く見ていたせいで失敗しちゃうんですね。で磯野以外の4人が独房にぶち込まれます。健一だけ鎖につながれて身動きが取れなkなってしまうんですね。で、ここから3ヵ月くらい独房にぶち込まれたままなんですよ。法月は健一にずっと夏咲を捨てれば高等官にしてやると話はするんですが健一は応じないんですね。精神的に弱りきった健一は法月の提案に乗って開放されるんですけど、これ弱ったふりだったんですね。一瞬のスキをついて法月をねじ伏せて脱出します。本当は法月が油断した原因なんかがもっとあったんですが割愛します。その後山小屋に立てこもるんですけど記憶があやふやすぎてよく覚えてないです。確かこの山小屋で璃々子が本当はずっとそばにいたことを明かす(極刑=誰にも認知されないなので姉がそばにいることを明記したシーンはない)んですけどそこ一番良かったですね。てかこうやってやったエロゲの内容とか忘れてくんすね。悲しいすね。

 

 まあ結構面白かったです。こういうの書いとかないとすぐ忘れちゃって悲しい思いをするのでまめに書くようにしましょう。それでは