読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万札豚

 

 皆さんは宅配ピザを利用したことはありますか?

 また、会計時に1万円札を使ったことはありますか?

 あると答えた方、今すぐ首を吊るか2度とピザを食べないことを約束してください。

 

 というわけでね、なにが言いたいかってことなんですけれども、自分はアルバイトでピザの配達をやっております。想像に難くないと思いますがピザ受け取ったら大体がその場で現金で支払いますよね?その時1万円札を使用する人間は自殺してくださいってことです。とてもわかり易いですね。

 

 ではなぜ、会計時に1万円札を使う人は自殺しなければならないのでしょうか?

 

 まず、ピザの配達員はレジを持ち歩いてるわけではありません。持てる紙幣と硬貨の数は限られています。(因みに初期状態の内訳は1000円札×8、500円玉×2、100円玉×9、10円玉×9、5円玉×1、1円玉×5です)この初期状態で1万円を出されるとどうなるでしょうか?注文の平均金額はおおよそ3000円ほどです。なのでお釣りで1000円札が6、7枚出ていきます。1000円札が1、2枚しか残らないですね。こうなると、1000円札がお釣りで出ていくような会計はほぼできなくなってしまいます。1000円札がお釣りで出ると言うことは、相手は5000円札か10000円札を出してます。カバーできるのは7~9000円の会計か、上手く行けば2~4000円の会計になりますね。

 

 あんま大したことないじゃんと、思ったことでしょう。しかし、問題はその10000円札という紙幣の特性にあるのです。

 

 なんとですね、10000万円札は絶対にお釣りで出ていくことがないのです!ビックリですね~。その結果、10000円札を出されるたびにポーチの中に溜まっていき気づけば10000円札数枚しかないという状態に陥ることもあるのです。

 

 1日働いて1人あたり回収するお金の量は10~15件運んで、多くて4万、少なくて2万とかです。コレだとたった3人に1万円出されるだけでカツカツになってしまうんですね。

 

 しかもね、1万円出すやつはだいたいこんなこと言いながら出してくるんですよ。

 

 『すいません、1万円しかないんですけどいいですか?』

 

 いいわけねぇだろボケ。そもそも1万円を出すことに申し訳無さを感じるんだったら家中ひっくり返して1000円札探してください。それが嫌ならあらかじめコンビニかどこかで崩しとくかピザ頼まないでください。僕は両替機ではありません。

 

 あとね、コレ多分『(10000円出すと計算もだるくなって数える枚数も多くなるから)すいません、~』ってことなんだろうけど、全く見当違いです。1万円札が嫌な理由ってのは先述した通りお釣りで出す金がなくなるからであって決して面倒くさいからではないのです。それをね、なに勘違いしたんだか知らんけど『すいません』って…言葉大げさですけど、こんだけ的はずれな理由だと謝罪の言葉にイラつくもの当然といえば当然ではないでしょうか。別に無限に1000円札あれば10枚でも100枚でも数えて出しますよ。でもね、無いじゃん。1000円札そんなに無いのよ。こっちの事情も知らずに勝手にへりくだって勝手に自己満足していい人アピールされてもね。死んでくれとしか思わないんですね

 

 ということでね、次からピザ頼んだとき『アッ、1万円しかない!!!』ってなったら、お釣りはいらないですって言うくらいの心構えでいて下さいね。普通に使うんだったらピザ食ったあとでいいんで自殺してください。てか1000円札くらい待ってる時間に用意しとけボケ。到着してから財布ごそごそすんな豚